上田正敏探検隊

マニュアル

探検隊の時のためにご参考に

ウェアについて

ウェアは動きやすい格好が良いです。
素材は綿以外のもの。綿でも良いのですが、濡れると乾かず重くなりしかも肌触りが不快です。
オススメは化繊のウェア。なんといっても乾きやすい特徴があります。
天然素材ではメリノウールが高機能です。ちょっと高いけどね。
 
コスパ重視でいうとユニクロが優秀です。エアリズム、ドライ系のスポーツウェアが使いやすい。僕自身はユニクロが好きで使っています。気兼ねなく使えるので破れてもへっちゃらで、よりワンパクになれると思っています。ユニクロで注意をすることは、ヒートテックは避けるということ。ヒートテックは汗などの湿気を熱に変える仕組みで暖かくなるウェアです。運動には向きません。じっとしている時に役立つウェアです。
 
ワークマンもワークマンプラスというアウトドアブランドを立ち上げています。キャンプ系が中心ですが、ハイキングでも使えます。ただ、僕自身は使っていません。
 
登山系のブランドでは、モンベルが優秀です。お手頃な値段で機能性の高い商品を展開しています。アウトドアを本格的にやり始めようという人には最適なブランド。普段でも機能的なウェアなのでオススメです。僕もモンベルは使います。迷ったらモンベルです。
 
ハイブランド、ガレージブランドの服は好みです。好きなブランドを買うと良いかと思います。自分が好きな世界観を持っているブランドと出会えたら幸せです。僕はAXESQUINの凌シリーズにはまっています。


シューズについて

靴は自分の足にあった形のものを選ぶのが基本です。
そして、探検隊でいく低山ではスニーカーで大丈夫です。
 
スニーカーで大丈夫というのには理由があります。子供の頃学校の遠足で山に行ったことがあるのではないかと。その時に靴はどんなものを履いていたでしょうか?きっと普段履いている運動靴だったと思うのです。それで大丈夫なのです。ただしお洒落用のスニーカーよりもスポーツ用のが良いかと思います。
 
ベストは何かといえば、トレランシューズ(トレールランニング用シューズ)。足底のパターンが土でも滑りずらいので使いやすいです。オススメのポイントはもうひとつあって軽いということ。登山靴は重いしギブスのようで歩きづらい側面を持っています。しかも本格的なものは3000m以上で活躍するモデルばかりです。僕自身は登山道があるところなら高地でもトレランシューズが一番使いやすいと思っています。
 
登山靴も良いとは思いますが、機能が高すぎる感じがしています。森林限界を超えるような登山では本格的な登山靴は役立ちますが、低山では重いなどのデメリットが目立ちます。
 
トレランシューズも登山靴も専門店で足を実際に見てもらって購入するのをオススメします。お店や店員さんとの相性もありますので信頼できなければ買わずにお店を変えても良いと思います。同時に靴にあうソックスも購入して試し履きをしましょう。好きなメーカーよりも自分の足に合う靴を選ぶことが大切。


レインウェアについて

低山での最強の雨具は傘です。折り畳みの傘を持っていると安心です。モンベルの傘が優秀です。ポンチョも蒸れずにいい感じです。
 
登山を始める時にお金をかけて選ぶと良いのが、靴とレインウェアです。レインウェアが欲しい時にはゴアテックスを使ったモデルが無難です。低山ですと通気性の良いレインウェアを選ぶという選択肢もあります。


トイレについて

探検隊で行くような場所にはトイレはありません。駅にトイレがありますので、そこを利用して下さい。

では、山の中でトイレに行きたくなったらどうするのか?
どこでもトイレです。ただしマナーと注意があります。基本的な考え方として、自然は元の状態にして帰るということ。特に使う紙には要注意。白い紙が自然界の中では目立って景観を乱します。使った紙は燃して埋めるか持ち帰ります。持ち帰る時には犬の散歩用の袋が便利です。ジップロックなどの密閉ができる袋も良いでしょう。大便をする時には、小さく穴を掘って用を足し埋めるか、した後に土や落ち葉などをかけて自然に帰るように促します。川の近くではしないことも大切です。最低でも15mは離れるのが基本。川の水は飲み水にもなるので要注意です。

場所も大切です。道から外れて用を足すかと思いますが、これで遭難ししたり滑落して事故になる場合もあります。脇道にそれる時には前を見るだけでなく後ろを振り返って、どうやって帰るか確認しながら歩くと良いです。山では行きと帰りの景色がまるっきり違うことがよくありますから。一声かけてトイレに行って下さい。

山でのトイレ事情は様々な説がありますが、自分も他人も気持ちよく自然の中で遊ぶにはどうしたら良いのかを考えると良いでしょう。


食器について

食器は自分の物を持ちましょう。食器とはカップとお箸やスプーンなどのこと。
100均のもので充分です。
 
オススメはシェラカップ。320mlくらいのサイズがオススメ。
素材はステンレスとチタンがあります。ステンレスは安価/チタンは高価、ステンレスは重い/チタンは軽いという特徴があります。最初のシェラカップはステンレスが良いと思います。
100均ではプラスティックのシェラカップもあったり。様々な食器を選ぶのも良いですね。

箸、スプーン、フォークもアウトドア用のがあります。これは一長一短であるので何に使うかでベストが変わります。最強なのは割り箸だと思っています。忘れても枝で箸は作れますしね。


焚き火について

焚き火は暖をとったり、調理をしたり、火を囲んでいると安心があります。人間のDNAに刻まれている本能的なものだからでしょうか。
 
基本的に直火での焚き火はオススメできません。ウッドストーブと呼ばれる火器を使用します。山で使うストーブの燃料は、ガソリン、灯油、ガス、アルコールが一般的です。燃料に木を使うストーブがウッドストーブです。ウッドストーブは、他者がいる場所ではマナーとして使うことはありません。そんな時はガスやアルコール燃料のものを使います。
 
ここでは、ウッドストーブを使うことを焚き火と呼んでいます。直火は緊急事態以外ではやらないほうが良いです。
 
焚き火で大事なのは後始末。できるだけ灰になるまで燃やすのが基本。燃え残った炭を放置することはマナー違反。持ち帰って次回の時に使います。灰に関しては持ち帰るのを推奨する人もいますが、僕は灰は土と混ぜて処理します。灰は土に帰って肥料になります。ただし、炭はダイヤモンドと同じなので自然に分解されることは難しいです。だから持ち帰るのです。焚き火をした場合も、来た時よりもキレイにして帰るという方針から痕跡は残さないようにしましょう。


ストーブについて

山で温かい物を食べたり飲んだりすることは、肉体的にも精神的にも大切です。焚き火以外で、よく使うものはガスとアルコール。ガスは火力があり何かと便利です。ただ燃焼音が大きい。アルコールストーブは風に弱いので対策は必要ですが静かで雰囲気があります。
基本的にアルコールストーブを使っていますが、時と場合により使い分けています。


クッカーについて

クッカーは、ストーブに合わせて使い分けています。ガスとアルコールストーブは同じ物を使いますが、焚き火で使うクッカーは別にしています。理由はススがついて真っ黒になるから。クッカーも素材がアルミとチタンがあります。アルミは熱伝導率が高くて料理がしやすく安い、チタンは軽いという特徴があります。
僕はウッドストーブにはアルミ、ガスやアルコールストーブではチタンを使うことが多いです。チタンはお湯を沸かすだけに使っています。料理やお米を炊く時にはアルミですね。


水について

水はお茶やコーヒーではなくて、水がオススメです。水筒はどんなものでも大丈夫。ペットボトルの水で良いのです。どのくらいの量を持てばいいのかは個人差があります。
 
僕の場合、夏は1日で約2リットル、冬で1リットル飲みます。これは何回か山に登って統計をとっています。それに調理をする時の水を合わせて持つことが多いです。2〜3リットル持つことが多いですね。途中で水場があるのかなどの条件で変わります。


地図について

いわゆる登山道以外の道も歩くのが探検隊。なので地図は読めたほうが良いです。地図読みに必要なのは地図とコンパス。最近ではスマホでの地図アプリもあります。ただし、地図アプリに頼るよりも地図とコンパスが使えるほうが良いかと思います。コンパスは簡易的なもので大丈夫。東西南北、現在地、目的地がわかると地図は読めます。雑誌や書籍では難しく書きすぎ。必要最低限なことはシンプルです。これは講習が必要ですね。


ハンモックについて

ハンモックは登山用のものがオススメです。入門用としてexpedのTravelHammock Kitがオススメ。寝心地・使いやすさ・値段のバランスがとても良いです。ハンモックがあれば、イスにもベッドにもなります。自然の中でのハンモック体験の心地よさは最高です。


ロープワークについて

ハンモックでロープワークを使うことは、ほとんどありません。ハンモックシステムが優秀だから。ただひとつだけロープワークを覚えておくと応用が効くものがあります。それは固結びです。すべてのロープワークの基本であり応用範囲が広いです。ノット・ヒッチ・ベントという言葉を覚えておくと良いです。英語は合理的。どんな結び方がわかります。ノットはロープ単体での結び方、ヒッチは対象物とロープの結び方、ベントはロープとロープの結び方です。
ハーフヒッチ、トラッカーズヒッチ、フィッシャーマンズベント、プルージックこの辺りを覚えておくと実践で使えるかと思います。これも講習が必要ですね。


山にもっと行きたくなった時に買ったら良いもの。

お金をかけて揃えたい装備は以下の3つ

  1. 雨具
  2. ザック

です。
特に雨具は良いものを買っておくと良いかと思います。例えばゴアテックスのが良いです。定番はモンベルのストームクルーザーです。
靴はお店で足を見てもらって買うことをオススメします。特定ブランドのお店よりも各種メーカーを扱っている専門店での買い物が良いかと思います。例えば、ICI石井スポーツ、アートスポーツなどがオススメです。
ザックは実際に背負ってからの購入が良いでしょう。意外に癖があります。背負心地が良い者がやっぱり良いです。


ウォーターウォーキングについて

沢を歩くことは気持ちが良いです。特に夏に積極的に泳いだり、滝を登ったりするのは最高です。
普段のアウトドアと違うところは水です。つまり濡れるということです。そこで大事なことは2つです。濡れても大丈夫なウェアと荷物を濡らさないようにすること。
 
濡れてもすぐに乾くウェアを着ることは大事なことです。低体温症になることを防ぎます。基本に返ると綿を着るなと。天然素材ならメリノウール、化繊の速乾性のあるウェアを着ることがオススメです。
 
荷物を濡らさないようにするには、荷物をビニール袋の中に入れてからバックパックに入れることです。できれば大きなビニール袋を二重にすること。ビニール袋の口を縛るのをお忘れなく。絶対に濡らしたくないものはジップロックに入れると良いです。スマホとかバッテリーとかの電化製品はジップロックが良いです。アウトドアメーカーなどから濡れ防止の製品は多数出ているのでそれを使うのも良いです。着替えも濡らしたくないですね。
 
靴は沢専用のものでなくても大丈夫。水抜けの良いスニーカーで大丈夫。トレランシューズでも。ゴア防水の靴は微妙です。長靴のようにちゃぷちゃぷしちゃうかも。


上田正敏プロフィール

幼少の頃より両親に連れられてハイキングやスキーを楽しむ。
 
小学校の時から、青少年育成会ボーイズクラブに入り、登山、キャンプ、オリエンテーリング、沢登り、クロスカントリースキー、シュノーケリング、などを学ぶ。このクラブの主催が川口浩探検隊の副隊長をやっていた関係で、洞窟探検も。大学生になったら川口浩探検隊に入ることが夢だった。中高の時には弥次喜多の旅姿で東海道五十三次を歩く。アウトドアの技術だけでなくリーダー教育を学ぶ。
 
高校時代、ワンダーフォーゲル部に入部。部長を務める。夏合宿では槍ヶ岳や北穂高岳など北アルプスに登る。
 
大学時代、ハイキング同好会で東京近郊の低山から北アルプスや南アルプス縦走を楽しむ。冬は戸隠スキー場で居候をしながらスキーをしていた。
 
社会人時代に、オフロードバイクを購入し、林道ツーリングだけでなく作業道や獣道を走るアタックツーリングにはまる。トライアルバイクを購入し大会などにも参加。この頃に屋久島の宮浦岳ソロで縦走する。
 
起業して山から15年くらい離れる。
 
アウトワードバウンドの70日間の冒険教育プログラムJALT受講。自転車、ロッククライミング、沢登り、カヌー 、登山の技術だけでなく、これらをツールとした教育プログラムは刺激的な学びであった。だた、あまりに肉体的にも精神的にもハードな体験だったためにまた山から離れる。
 
ダイエットのために始めたマラソンの長い距離を動くトレーニングのために山に復帰。トレールランニング、ファストパッキング、ロングトレールハイキングを知る。アウトドアの道具が、ヘビーデューティーからウルトラライトに変わっていてその面白さにはまる。
 
家から気軽に行ける高尾をもっと楽しみたいと思っていた時にシノギングに出会う。シノギングは、頂上を目指す登山スタイルではなく、低山の誰も歩いていない道を歩き、ハンモックを張り、火を起こし、のんびりとご飯を作って食べるような山遊び。
 
現在、アウトドアの非日常体験から自分自身と向き合うプログラムの開発をしています。